京都宝の森をつくる会

宝の森をつくる会について

宝が池の森は、かつては里山として利用されていました。『妙法』の送り火が行われ、森の資源は暮らしに活かされてきました。森に人の手が入ることで、豊かな森がつくられてきたのです。しかし近年、宝が池の森には人の手が入らなくなり、環境は大きく変化しました。

今、豊かだった宝が池の森は様々な問題を抱え、このままでは次世代に引き継ぐことも危ぶまれています。2014年、こうした状況に危機感を持ったメンバーが集まり、『京都宝の森をつくる会』を発足しました。学習会を重ね、大学の協力を得ながら、さまざまな活動を進めていきます。

コバノミツバツツジ

『京都宝の森をつくる会』では、里山的な循環型の管理とそれが継続できる仕組みで、
豊かな森をつくってゆきます。その仕組みのコアとなるのが、『里山アウトドア』。
『里山アウトドア』は、身近な自然を、五感すべてで楽しみながら、森をはぐくむ活動です。

里山アウトドア,3つのステージ
大切なのは、『森で遊び楽しむ』こと。フィールドワークやものづくりなどの自然体験はもとより、いっしょに汗を流した仲間たちと、自然の恵みをいただくのも、活動の楽しさです。
森を知り、管理することで、里山にいのちと恵みがあふれます。フィールド整備や調査、様々な保護活動が、次世代の子どもたちにつなぐ、豊かな里山をつくりだします。
昔は、エネルギーや食物など里山から多くの恵みをいただいていました。薪割りや、炭づくり、シイタケ栽培など、先人の知恵を活かした里山の自然との共存を目指し、実践していきます。

活動メンバー募集!!

イメージ1 イメージ2 イメージ3 イメージ4

活動メンバーは随時募集中。活動趣旨・目的に賛同してくださる方ならどなたでもご参加いただけます。

年会費: 1,000円
内,ボランティア保険500円
定例会: 毎月第3日曜日
(10:00~15:30)
日程は内容によって変更する場合があります。
定例以外の活動は随時参加者の都合に合わせて日程調整します。

入会ご希望の方は,以下の項目について明記の上,事務局まで郵送またはメールでご連絡ください。

  • 氏名
  • ふりがな
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

京都宝の森をつくる会

E-mail: takaranomori.kyoto@gmail.com
代表: 高谷淳
京都市北区紫竹上本町48-1
TEL: 090-2381-9495