無題 1

京都宝の森をつくる会

会則

(名 称)

第1条  本会は、「京都宝の森をつくる会」と称する。

(目 的)

第2条  本会は、宝が池公園を中心とする多様な生態系を保全する活動を基本に、里山を利用した自然体験学習や環境学習、環境保全への啓発活動とそれを通じて発生する様々な事柄を含めた問題解決のための活動を実施することで、自然のすばらしさ、仕組み、生命のつながりを体感し、豊かな自然環境と地域の自然を基盤に育まれた文化を継承していくことを目的とする。

(活 動)

第3条  本会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行う。

①宝が池と周辺の自然環境および、動植物の観察・調査
②生物多様性豊かな森を守り育むための森林管理に資する活動
③子どもたちが自然環境を活かしたあそび・学びの体験と場づくりを支える活動
④地域の自然と一体となった歴史や文化を学び、活用する活動
⑤目的達成のための広報および学習・啓発活動
⑥その他目的達成のために(会議によって)必要と認められた事項

(会 員)
第4条
本会の目的(主旨)に賛同する、個人および団体とする。
居住地は問わない。
会  員:本会の目的および活動に賛同し、入会を希望する者(活動に参加できる者
賛助会員:本会の目的に賛同し、活動を支援する者・団体
 

(入 会)

第5条
会員として入会しようとする者は、所定の入会申込書を代表に提出し、役員の承認を得るものとする。
 

(退 会)

第6条
会員は、退会届を代表に提出し、任意に退会することができる。
会員本人が、死亡したときは、退会したものとみなす。
また、著しく目的にそぐわないなどの行為が認められた場合は、役員会の決議を以って除名することができる。

 

(事務局)

第7条
本会の事務局は、代表宅に置く。

(役 員ならびにその職 務)

第8条
本会には、次の役員を置く。
役員は、会員の互選により選出する。
(1)代 表 1名:本会を代表し、その業務を統括する。
(2)副代表 1名:会長を補佐し、会長が欠席のときは、その職務を代行する。
(3)幹 事 若干名
(4)会 計 1名:本会の会計を担う。              (5)監 査 1名:会の業務および会計の状況を監査する。
   なお、任期は1年とし、再任は妨げない。
 

(会 費)

第9条
年会費は、1人1,000円とする。
ただし、必要になった場合は会員から実費を徴収することができる
※内、ボランティア保険が年間500円

(経 費)

第10条
本会の経費は、年会費および寄附金等で賄うものとする。
 

(会 議)

第11条
(1)本会の会議は、総会、臨時総会、役員会、ワーキング会議とする。
(2)総会、臨時総会および役員会は代表が招集し、議長は代表がつとめる。
(3)総会は、年1回とし、役員会は随時開催する。
(4)総会および臨時総会の定足数は、総会当日の会員数の2分の1以上とする。やむを得ず出席できない場合は、他の会員を代理人として表決を委任することができ、委任者は出席者とみなす。急を要する場合は、メールでの合議とする。
(5)ワーキング会議は、必要に応じて代表が招集する。
 

(会計年度)

第12条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。
 

(会則の変更)

第13条
この会則の改定は、第11条にある総会において、出席者の3分の2以上の賛成をもって決定する。
 

(補 則)

第14条
この会則に定めるもののほか、会の運営上必要な事項および疑義が生じた場合は、役員会に諮り決定し、会員(総会)に報告する。



【附則】 この会則は、平成26年 5月 11日から施行する。 。